So-net無料ブログ作成

区長へのメール「H23.12.3の車座集会での区長の回答『同じような事が繰り返されないようにしたい』を世田谷区墓地条例で担保して下さい」等

1/20、世田谷区広報広聴課へ提出した【区長へのメール】
 
 平成24年1月20日
世田谷区長 保坂展人 様
 
 給田4丁目墓地建設に反対する地域住民の会会長 風間幸雄
【テーマ】
「墓地条例(案)骨子では、申請資格のない寺の標識が二度も立った事の過ちを繰り返さないためのしくみはありません。車座集会での区長の答弁『同じような事が繰り返されないようにしたい』を条例で担保して下さい」等
【意見等の内容】
<はじめに>
 H19/12/19付厚労省健康局生活衛生課長より出された各自治体宛通知(健衛発1219001号) 「墓地経営におけるいわゆる名義貸しの防止のための指導監督の徹底について」では、
国の指針により、
○ 墓地等の経営主体は、市町村等の地方公共団体が原則であり、これによりがたい事情があっても宗教法人又は公益法人等に限られること、
○ いわゆる名義貸しが行われていないこと、
を求めているが、昨今、宗教法人が行う墓地経営に関して、営利企業が実質的な経営主体となっていると見受けられる事例があるとの指摘がある。
ついては、各都道府県等においては、適正な墓地の経営及び管理が行われるよう、
・墓地経営の実情の把握に努めること、
・問題がある場合には適切な措置を講ずること、
・必要に応じて、墓地経営の許可等に係る条例・規則等の見直しを行うこと、
など、いわゆる名義貸しの防止等のための指揮監督の徹底を求めています。
 世田谷区墓地条例制定に当っては、この精神を貫くことが必要です。さらに、国の指針は、「墓地の設置場所について、周辺の生活環境との調和に配慮されていること」を求めているように、街づくりの観点を条例・規則等で定めることが求められます。
 下記について回答をお願い申し上げます。



1 永続性を担保する自己資金無く申請者の資格のない光母寺に対して、行政の厳正な指導がなかったため、給田墓地計画によって、私達周辺住民は、H14年から10年も翻ろうされた
 資金調達できず1回目の計画がつぶれて、「標識を外せ」という行政指導を1年半も無視していた光母寺が、再び墓地を造りたいと相談にきた段階で、保健所は、「名義貸しは厳に慎むべきものであるので、十分な自己資金、計画地の自己所有等の条件を満たすことなく、見込みによる計画の着手を行わないこと。また、計画を進めるにあたって保健所と十分な協議を行うこと。」という指導文書を交付した。この指導に実効性があったら2度目の標識は立たなかったはずでした。
 世田谷区墓地条例(案)骨子では、申請資格のない光母寺の標識が二度も設置された事を繰り返さないためのしくみはありません。新しく制定される世田谷区墓地条例・規則で、名義貸しで墓地計画が進められる事を規制して、H23/12/3の車座集会での区長の答弁、 『同じような事が繰り返されないようにしたい』を担保して下さい。


2 区長は、区政運営の基本として取り組んでいきたいこととして、まず、「情報公開」と「区民参加」の推進を掲げられています。
 そこで、世田谷区墓地条例制定に当って、「なぜ、光母寺の標識再設置が防げなかったのかについて」、事実に基づいた区としての評価をして、その評価を光母寺の墓地計画によって10年も翻ろうされた私達周辺住民に情報公開して下さい。

3 下記のように、東京都(都条例)に比べて他都市では、民間霊園(事業型墓地)を規制している。
 H23/12/9、保健所から、「距離制限は法の趣旨から難しい、行政手続法でできない」との説明がありましたが、さいたま市は、H22年に条例を改定して、焼骨の場合も墓地の設置場所は、住宅から100mの距離制限を定めた。他都市区でできる規制がなぜ世田谷区でできないのですか。

 <主な都市の民間霊園(事業型墓地)の規制状況(主にH17年9月作成の横浜市の資料より)>
◎ 新規は全く認めない・・・・・・・札幌市、名古屋市、京都市、神戸市、北九州市、
○ 新規は檀家型墓地の必要数のみ・・仙台市、千葉市、大阪市、福岡市、
× 規制なし・・・・・・・・・・・・横浜市、静岡市、広島市、東京都
△ H17・22年、条例改正し設置基準等を厳格化。病院、学校、住宅等から100m・・さいたま市
△ 条例で標識設置前に財務関係書類等を提出し市長と協議義務を規定・・・川崎市、足立区
△ H22年:江戸川区墓地の規則では、説明会及び事前協議の対象者を100m以内とする等
△ H22年:大田区墓地等新設置基準〔H22.4.1施行〕で距離制限等
△ 練馬区は、街づくり条例で規制

4 H23/12/9、保健所から、「今回、すべての市区が墓地条例を作る。裏返すと自分の区の中でちゃんとやる」との説明がありました。
 墓地等の経営は、住民に対する基礎的なサービスとして地方公共団体が行うことが原則なので、区民の墓地必要ニーズ・数を調査して、必要ならば世田谷区が責任を持って墓地を造る姿勢を示すことです。
つまり、墓地の開設を宗教法人等民間に丸投げするのではなく、必要ならば世田谷区として区営墓地を造るべきと思いますが、どこの部署で検討するのですか? また、検討する予定があるのですか?
 1/8(日)TBSテレビ「噂の東京マガジン」よる「噂の現場」は、「なぜ家の隣に?!多摩地区で急増する墓地開発!!」を放映。ネットで紹介されている内容は、「多摩地区の住宅地で急増する墓地」というテーマで、墓地に関する法律、または、行政による墓地政策に対して、問題を投じました、という書き出しです。
 H24.4.1施行の世田谷区墓地条例を検討する上で、参考にしていただければと思い、ネットの内容を添付しました。


5 世田谷区墓地条例では、行政の実効性及び公平性を確保するための公表制度〔公表(都条例第19条)〕が形骸化している現状を改めて下さい
 光母寺が、標識撤去の行政指導に従わなかった(H18年9月~H20年2月)件について、H19年度保健所担当者から聞いていたことは、「法務部とも相談した結果、標識撤去の指導に従わない光母寺を条例上は公表できる。しかし、公表をすると、寺側から訴訟をおこされることがあるので、リスクを考えて、替わりに文書や口頭で厳しく指導している」でしたが、光母寺は「標識を撤去せよ」の行政指導を1年半も無視し続けた。
 「標識撤去の指導に従わない光母寺を条例上は公表できる」にも拘わらず、区が公表しなかったことは、「行政の実効性及び公平性を確保する」が建前だけで形骸化していたことから、真に行政の実効性及び公平性を確保するための公表制度とし、給田の住民が申請資格の無かった宗教法人によって10年も翻弄され、苦痛を強いられ続け、犠牲にされたような事が再び繰り返されないような世田谷区墓地条例を制定して下さい。

 なお、お手数をお掛けしますが、回答は、書面でいただきたくお願い致します。
以上



共通テーマ:地域

1/8(日)TBSテレビ「噂の東京マガジン」よる「噂の現場」は、「なぜ家の隣に?!多摩地区で急増する墓地開発!!」を放映

番組で給田のケースは、墓地計画が住民の運動で中止できた例として紹介されました。給田では、【墓地計画地が銀行による差押・競売を繰り返したのに、行政による事業主への指導が甘かったために、永続性を担保する自己資金がなく申請資格のない宗教法人光母寺が名義貸しで標識を立てることを繰り返した】ため、住民は10年も翻弄され苦痛を強いられ続けた。光母寺は墓地計画を断念し一件落着のようですが・・・?
今後、墓地業者や石材業者が別の宗教法人をつれてくる等の懸念があるので、土地利用の計画内容が明らかになるまでは安心できません!
取材の申し入れでは、「今、各地で墓地問題が勃発し困っている。10年かけて中止にできた例として、どのように活動して墓地計画を中止にできたのか。寺は名義貸しだとどうして分かったのか。また、未だ完全解決ではないとはどういうことかなどを聞きたい」でした。
後日、番組の担当者から、「・・・給田における墓地計画も完全に終ったわけではないという内容にうまく触れられず申し訳ありませんでした。今後、新たな計画が浮上した際には、当番組のディレクター「奥田」までお電話をいただければ、微力ながらお力になれることもあるかと思いますのでご一報いただけますでしょうか。・・・」という手紙をもらいました。
暮に、TBSとは別のところから得た情報によれば、給田墓地計画を進めていた岐山建設についていた並木弁護士は、資金の処理を済ませて手を引いた。岐山建設に資金を貸した石材店が丸山弁護士に依頼したとか。
暮の12/23、「噂の東京マガジン」の奥田ディレクターの話では、「昨年10月に開園した調布霊園は、丸山健弁護士がやった。もし給田で、『丸山健弁護士』が関係していると、日野市で墓地計画がつぶれた八王子市の寺をつれてくる心配がある。先手を打って、新しい弁護士がついたと区に言った方がいい。差止め行政訴訟をおこすなど先手を打たないと作られてしまう心配がある。羽村市の日野自動車の隣も丸山健弁護士で、年明け早々協議に入る。暮の12/4に標識が立った府中は3月申請予定で、丸山健弁護士がやっている。丸山弁護士は、暮で人々がわさわさしているときにやる。」でした。(ちなみに、暮の12/7に標識が立った世田谷区喜多見も丸山健弁護士で、12/23・27と説明会があったそうですが、27日、住職は欠席で代理人弁護士だけだったとのことです。)


M小 2012.1.8放送のTBSテレビ「噂の現場」.jpeg

共通テーマ:地域

H24.4.1 施行される世田谷区墓地条例(案)の骨子に対する意見

H24.4.1 施行される世田谷区墓地条例(案)の骨子への区民意見募集に対して、 「給田4丁目墓地建設に反対する地域住民の会」が世田谷保健所へ提出した意見I小 世田谷区墓地条例(案)の骨子に対する意見(1ページ目)2012.1.10.jpeg
I小 世田谷区墓地条例(案)の骨子に対する意見(2ページ目)2012.1.10.jpeg
I小 世田谷区墓地条例(案)の骨子に対する意見(3ページ目)2012.1.10.jpeg
I小 世田谷区墓地条例(案)の骨子に対する意見(4ページ目)2012.1.10.jpeg

共通テーマ:地域

世田谷区墓地条例(案)骨子の区民意見提出期限は、H24年1月10日です!

世田谷区墓地条例(案)骨子についての区民意見提出期限は、H24年1月10日(火)です。

K小区のお知らせH23.12.15条例(案)骨子の意見募集.jpeg

共通テーマ:地域

TBSテレビ「噂の東京マガジン」が、給田墓地問題を取材にきた!

TBSテレビ「噂の東京マガジン」から、 「今、各地で墓地問題が勃発し困っている。10年かけて中止にできた例として、どのように活動して墓地計画を中止にできたのか。寺は名義貸しだとどうして分かったのか。また、未だ完全解決ではないとはどういうことかなどを聞きたい」 と申し入れがあり、暮の12/23、取材にきました。

T 小TBSの取材 1.8の「噂の現場」で放映.jpeg

共通テーマ:地域

申請資格のない宗教法人のために、10年に亘って苦痛を強いられ続けた住民の「ニュース」より

「申請資格のない宗教法人が、違法な名義貸しで、大型事業墓地建設計画の標識を立てる事を繰り返した」ために、10年に亘って苦痛を強いられ続けた住民の「ニュース」
(当会ニュース58号、60号、64号、69号、73号、75号、80号、83号、84号、86号等を参照のこと)

N小「ニュース58号」(2006.11.15発行)(表面).jpeg

N小「ニュース60号」(2007.1.16発行)(表面).jpeg

「ニュース60号」(2007.1.16発行)(裏面).

N小「ニュース60号」(2007.1.16発行)(裏面).jpeg

N小「ニュース64号」(2007.10.6発行)(表面).jpeg

N小「ニュース64号」(2007.10.6発行)(裏面).jpeg

N小「ニュース69号」(2008.2.12発行)(表面).jpeg

N小「ニュース69号」(2008.2.12発行)(裏面).jpeg



共通テーマ:地域

H24年4月1日施行で「世田谷区墓地条例」が制定される。

標題のことが最近分かりました。 区議会のホームページを見たら、11/15区議会福祉保健委員会の報告事項になっていました。この8月末に、地域主権一括法が国会を通った関係で、所管の保健所により、「世田谷区墓地条例」制定に向けて作業が進められているそうです。 世田谷保健所の話では、12/2の福祉保健委員会に「世田谷区墓地条例」の骨子が報告され、12月中旬 区の「お知らせ」に掲載して、区民からの意見募集をするとのことです。
この7月まで、大型事業墓地建設計画の標識が立てられていた土地(世田谷区給田4丁目32番地、約1000坪、墓数949基)の私達周辺住民は、『永続性を担保する自己資金がなく申請資格のない宗教法人光母寺が、名義貸しで標識を立てる事を二度も繰り返した』ために、H14年から10年に亘って苦痛を強いられ続けました。(当会ニュース58号、60号、64号、69号、73号、75号、80号、83号、84号、86号等を参照のこと)


第1回目、平成15年8月5日: 光母寺名で標識設置⇒ 平成20年2月8日:標識撤去
第2回目、平成21年4月7日: 光母寺名で標識再設置⇒平成23年7月11日:標識撤去

この苦い経験から分かった事は、宗教法人の名前さえあれば誰でも墓地計画の標識が立てられる今の都条例のような規制のゆるい条例では住環境を守ることはできません。新たに制定される「世田谷区墓地条例」では、特養老人ホームや住宅・学校等に近接して事業墓地計画の標識が安易に立たないようにする必要があります。

共通テーマ:地域

永続性を担保する自己資金無く、多数の石材業者からの借入を当てにした違法な計画と闘うため、住民は多くのエネルギーを費やした。

H23/7/11、光母寺は給田墓地建設計画中止を表明したが・・・
H14年にスタートしたこの給田墓地建設計画は、
墓地経営に求められる永続性・非営利性が無かった!


永続性を担保する自己資金無く、申請者の資格の無かった光母寺が計画を断念する迄の十年間、破綻する可能性のある大型事業墓地が許可されては大変と、私達住民はでき得る限りの手を尽くしてきました。
<過去10年間に区長や区議会に提出した光母寺の給田墓地建設計画中止を求める陳情署名>
第1回・・・H14年6月 署名約1300名分を当時の大場区長に提出 
第2回・・・H15年10~11月 署名約2400名分を区議会議長に提出
第3回・・・H17年10月~H18年9月 署名約3000名分を前熊本区長に提出
第4回・・・H19年11月~H20年2月 署名約900名分を前熊本区長に提出
第5回・・・H22年10~11月 署名約240名分を前熊本区長に提出
合計約8,000名分提出

<区長へ提出した墓地建設反対住民の声>
第1回・・・H18年2~3月 住民の声53名分を前熊本区長に提出
第2回・・・H21年2月 住民の声50名分を前熊本区長に提出
第3回・・・H21年8月 住民の声30名分を前熊本区長に提出
合計133名分提出

<区議会に提出した請願等>
H15年10月、H16年3月、H16年11月、H17年6月、H20年6月、H21年6月、H22年6月、H23年2月
合計8回

N小「ニュース107号」(2011.9.9発行)(表面).jpeg

N小「ニュース107号」(裏面)(2011.9.9発行).jpeg

共通テーマ:地域

審査基準等に墓地の設置場所に関する距離制限の規定を求める要請署名

 地域の皆さま  再び墓地計画の標識が立たないよう、「墓地の設置場所に関する距離制限を求める署名」 にご協力をお願いします。

S小 署名用紙2011.9.22「距離制限を求める署名」.jpeg

共通テーマ:地域

「墓地の設置場所に関する距離制限を求める署名」にご協力下さい!

k_B H23.7.11迄の墓地建設予定地と周辺地図.jpeg

地域の皆さま                     多数の石材業者からの借入を当てにした、違法な名義貸しで計画を進めていた 光母寺は、H23年7月11日、給田墓地建設を断念しましたが、新たな土地所有者が何を建てるかは未定です。 
                                                           
 特別養護老人ホーム(せたがや給田乃杜)や住宅等に囲まれた土地(光母寺が、H14年から墓地建設計画を進めていた給田4丁目32番地他)に、再び墓地計画の標識が立たないよう、又、世田谷区内の良好な住宅地に近接して事業墓地建設を認めないよう、区長に提出する「墓地の設置場所に関する距離制限を求める署名」にご協力下さい!

 大田区では、大乗寺の標識設置後、住民の運動により、区は「周辺住民の一定の理解を得ない
まま 墓地の開設を行うことは適当でない」と墓地の審査基準を見直し、大田区墓地等新設置基準〔H22.4.1施行〕を定めて、標識設置9ヶ月後、墓地計画は撤退した。

 2011.9.22
        連絡先: 世田谷区給田4-28-4 給田西住宅管理事務所気付
                「給田4丁目墓地建設に反対する地域住民の会」


共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。